2020年日本のトップミュージック チャート

日本の音楽業界はかつてない拡大を遂げており、「日出る国」日本のアーティストたちが国外でここまで人気を博したことはかつてありませんでした。宇多田ヒカル、初音ミク、AKB48、それに嵐などは、ヨーロッパや北米各地の一大コンサート会場に頻繁に招かれています。アジア各地では、避けることのできない言葉の壁があるにもかかわらず、彼らの人気はさらに高くなっています。 

当然ながら、一番人気があるアーティストを決めるのはかなり難しい作業であり、中立的な立場の様々な人達の話を聞かなくてはなりません。

いくらでも深く分析を行うことはできますが、結局一番良いのは日本の最も著名なミュージックチャートにおける彼らのランキングを分析することでしょう。この記事では、国内で最も重要なミュージックチャートと、それらが他と一線を画している理由をご紹介します。ぜひご覧ください! 

Billboard Hot 100(ビルボードホット100)

Billboard Hot 100は日本及びほとんどの欧米諸国で間違いなく最も権威のあるチャートの一つです。このリストに名前の挙がるアーティストたちは、すでにキャリアにおいて大きく飛躍を遂げている人々です。

Billboard_Hot_100_logo

また、トップ10に入った暁には、限られたアーティストだけが経験できる様々な特典や名声を手に入れることができます。Billboard Hot 100の第1位を飾ることは、最も優れた日本の音楽バンドの一部にとって、世界で通用するキャリアの幕開けとなりました。

Top 40 Charts Japan (邦楽トップ40)

日本人アーティストを対象とするトップ40のチャートは日本で最も重要なチャートの一つです。そのアーカイブは2001年に遡り、過去20年間にわたって音楽業界でプレイされた重要な作品全ての記録となっています。

これは1990年代に黄金時代を迎えた日本で最も著名なラジオ局の一つから生まれたものです。 

Spotify Japan(スポティファイジャパン) 

激しい競争にもかかわらず、スポティファイは日本の音楽市場でさらなる成功を収めています。ほとんどのミュージックファンがこのリストを信頼しているため、アーティストたちはそのリストに名を挙げるために全力を尽くしています。前述のリストの他に、スポティファイは他の関連コンテンツの総合ホストも提供しており、お気に入りのミュージシャンを聴いたり、ミュージックビデオを観たり、自分のアクティビティを全て確実に記録したりすることができます。こうした機能や他の有用な機能により、若い世代の人々に非常に人気があります。