東京で最高の珈琲店

人口およそ3,700万人の東京は、世界中で最も人口密度の高い都市の一つです。日本の首都でもある東京は、高層ビルや、幅が狭くて人の多い通り、美味しい伝統料理のレストランがあることなどで有名です。「日出る国」日本の国民は非常に勤勉で礼儀正しいことで知られていますが、これは他のどこよりもこの東京で実感できます。 

しかし、日本人は勤勉なだけではなく、自由時間を最大限に活用する方法も心得ています。長時間働いた後には、東京にたくさんある珈琲店の一軒に入ってくつろぐ人が少なくありません。メニューは極めて豊富で、飲みたいものが決まっていないと選択肢の多さに圧倒されるかもしれません。

Coffee-Shops-in-Tokyo

たった数百円で、珍しい南米ブランドからもっと一般的なイタリアのエスプレッソやマキアートのようなものまで何でも楽しむことができます。あなたが東京で最高の珈琲店を探しているコーヒー通ならば、この記事をご参照ください。この素晴らしい街、東京で最も人気のある珈琲店をご紹介します。 

オールプレスエスプレッソ東京ロースタリー&カフェ 

オールプレスは間違いなく東京で最も人気のある珈琲店です。店内は古い材木倉庫のような雰囲気で、座り心地の良い椅子やコーヒー豆の詰まった袋が置かれています。興味があれば、焙煎のプロセスをじかに見ることもできます。バリスタたちは全員昔ながらの典型的なジャンパーにボーイフレンドジーンズというスタイルで、ゆっくりとくつろげる居心地の良い店です。 

ブルーボトルコーヒーショップ

ブルーボトルは2000年代にカリフォルニアで創業されました。コーヒー愛好家たちはすぐにその質の高さを実感し、現在では首都圏全体に15店舗以上営業しています。店内はすっきりとした科学実験室のような雰囲気で、ガラス張りが基調で透明感にあふれ、焙煎プロセスも直に見ることができます。

バリスタたちは全員エプロンを着用し、衛生管理についても最高レベルです。この店は午後になるとかなり込み合うため、席を確保するまでの時間に余裕を持って訪れましょう。 

ロストロコーヒーロースターズ 

地元では常に人気の店でしたが、東京で開催された2019年度国際コーヒーテイスティングで優勝して以来、ロストロコーヒーの人気はうなぎのぼりとなりました。早めに訪れると、朝食セットが約800円で食べられます。店内は昔の日本の家のような雰囲気で、木製のものが多く見られ、淹れたてのコーヒーのなんとも言えない良い香りが店内に漂っています。タバコを吸う方は店のすぐ外にある居心地の良いテラスで、道行く人を眺めながらロストロのコーヒーを楽しむことができます。